読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退職、失業保険、再就職は肩の力を抜いて切り抜けよう

退職、失業保険受給、再就職。人生の一大イベントですが、そんなときこそ肩の力を抜いてリラックスして切り抜けたい。

失業中のお金のこと

1.住民税が払えない

会社を辞めて収入が無いのに、住民税を払わなければならない、これは辛かったです、貯金もない私は「ふざけるな、バカヤロー」と思う気持ちでいっぱいでした。

しかも、けっこう高いですよね、2ヶ月に1回、2ヶ月分一緒に払わなければならないので無職の時にはとても安くはない額になりますね。
払わなくてもなんとかなるだろうとろうと思い期限がきても住民税を納めなっかたのですが、何週間かして、家に市税督促状というハガキが届きました。

内容は住民税が未納になっていますから、至急銀行などで納めて下さいということでした、しかも督促手数料がたされていました、「納めれるんだったら、納めてるよバカヤロー」と思いましたが、督促状を発した日から、10日を経過した日までに、納付のない時は財産の差押をうける事になりますと小さな文字で書かれていたので、少しまずいなと思い、役所に直接電話し、納税の延期を頼みました、すると以外と簡単に延期をしてくれました、私は1ヶ月延期してもらったのですが、交渉次第かもしれません。地域によっては、異なるかもしれませんが、対処は好印象でした。

ただ、私も仕事を始めてから納めたので、納めなくてはいいという事にはならないと思いますので、早めに納めておいた方が無難だと思います。「どうしても、今は辛い」と言う方は、役所に電話1つ早めにいれておくのがいいと思います。

 

f:id:mitsuya0430:20160225184222j:plain

2.保険に入ってなくて病院に行けない

私は無職になってから、保険に入ってなかったです、病気なんかならないだろうと思ってましたが、後悔をする事になりました。

ある日の夜、突然高熱と腹痛に襲われました、ずっと我慢をしていたのですが、どうしても無理だったので、救急病院に行きました、食あたりでした、保険に入っていれば何千円ですむ所、何万円か必要になりました。

この時は苦しかったです、体調よりも、財布の中身が辛かったです、皆様も自分は大丈夫だた思う気持ちを捨てて親の保険などにいれてもらうのがいいと思います。保険料払わなくていいですしね!

今思えば、保険の大切さを知る意味では、いい体験でした。

 

3.パチスロをしてしまう日々

私は、パチスロが大好きで、無職になって始めの頃は暇さえあれば、パチスロに行っていました。時間は大量にあったので、毎日のように行っていました。最初の頃は何故か調子がよく、10万円以上勝っていました。そこで、調子にのってしまったのが、失敗でした。

北斗で負け、取り返そうと思い吉宗を打ち、大負けをする典型的なパターンで負けていました。お金が無くなってしまう大きな要因でした。ラオウを天昇させてやると意気込んで行くのですが、返り討ち、吉宗も弱すぎ、一向につかない日々、どんどんお金を減らしていました。

そんなに、甘いものじゃないですよね、店側が儲かるようにできている訳ですから、客の大半は負けているんですね。皆様の中には、毎日けっこう勝っている方もいるかもしれませんが、ほんの少しの人しか勝ち組にはなっていないと思います。

ただ途中からは、まったくパチスロに行くのを止めました、暇な時間をなくすために、暇な時間がありすぎるという方、パチンコに行くのを止めたいという方は、ネット副業を始めてみてはいかがでしょう!パチンコに行って、お金を減らすよりかは、間違いなくためになると思います。

f:id:mitsuya0430:20160225184232j:plain

4.無職で暇な時間がおおすぎる

仕事をしてて、失業したての頃は、嫌な事から開放された気持ちで、気分もすがすがしいのですが、次の就職口がみつからずに長い間無職が続いてしまうと、今日が何曜日かという事もわからなくなってしまい、毎日が日曜日のように感じてしまい、暇な時間をどうつかえばいいかわからなくなってしまいました。

無職の期間は、お金もある訳じゃないので、家でぼけっとしているぐらいしか、思いつかなかったですが、あまりにも暇で狂いそうになりました!!

このページを見ているあなたもそうかもしれないですが、パソコンがある時点で色々な事が出来ます。私がまず思いたたったのは、無料で出来るネットゲームですね、オンラインゲームなどはした事がなかったので、素直に楽しむ事が出来ましたし、チャットで色々な人と話す事でストレス解消にもなりました。 一番いい点は無料で出来るという所でしたけど(笑)

その次に思いついたのは、無料で出来るお小遣い稼ぎでした、メールを受信したりアンケートを答えたりするだけで、ポイントがたまり、ポイントが貯まると、現金などがもらえるので、一石二鳥でした。

そして、楽しく、暇つぶしには最高な、ホームページを作る事となりました。

このように、ボケえと家でしているだけでは、脳みそが腐ってきますので、お金をあまり使わずに楽しむ事が出来る事をあなたもしてみてはどうでしょう・

 

5.無職なのでお金が借りられない

無職になってパチンコ・パチスロばかりしていたので、すぐにお金が底をついてしまい、次の家賃が払えない状態になっていました、無職なので、どこからもお金を借りる事ができませんでした。

ただ、普通にハローワークに行って、仕事を決めるには、時間がかかると思い、まずは手軽にバイトをしようと思いました。 バイトでもしていれば、お金を貸してくれる所も増えてくきます。

そこで、まずは、派遣会社などに、早速登録して、仕事を始めました、1週、比較的審査が甘い金融会社に、融資を依頼し、10万円程借りました。

どうしても親や友達には相談できないなという方は、この方法をしてみてはいかがでしょうか?

ただ、当然借りたものは返さなくてはならないので、本格的な仕事も同時に見つけるようにしましょう。


6.家族、友達などに無職になったと言えない

私は、結婚はしていないので、奥さんや、子供はいないのですが、親には、無職になったと言う事が言えませんでしたし、言いたくありませんでした。

友達から電話がかかってきても、「今仕事何しよる?」と聞かれたら、働いてもないのですが、適当に何かしらの仕事を答えていました。

やはり、どこに行っても無職、働いていないというだけで、肩身が狭い思いをしまければならないので、解決する方法としては、仕事を決めるしかないの一言ですね。