読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退職、失業保険、再就職は肩の力を抜いて切り抜けよう

退職、失業保険受給、再就職。人生の一大イベントですが、そんなときこそ肩の力を抜いてリラックスして切り抜けたい。

履歴書をダウンロード

履歴書の書き方

履歴書の書き方でお悩みの、転職活動中(仕事探し中)のみなさま。

履歴書の本当の意味を知っていますか?

履歴書は、あなたという商品を売り込む営業マンであり、カタログです!
書き方の違いで有利になったり、不利になったりします。

 

f:id:mitsuya0430:20160218090511j:plain

履歴書の書き方は、転職エージェント会社サイトから盗め!

転職が当たり前のこの時代は、
転職支援会社(転職エージェント会社)や人材派遣会社には、応募者が殺到します。

「転職するのに必要なのはスキルやキャリアでしょ?」

いいえ、それだけではありません。

転職活動では、履歴書による会社の審査が一番はじめにあります。

ふつうに履歴書を書いたのでは人事担当者の目には止まりません。

では、どう書けばいいのか?
答えは、転職のプロである転職エージェントサイトにあります!

プロの目線で書かれた履歴書を参考にすることをお勧めします。


さらに、転職エージェント会社に登録をすると、担当エージェントが 客観的に、履歴書の悪いところをアドバイスしてくれます。 そのうえ、あなたのことを働きたい会社に熱心に売り込んでくれます。

 

ただし、転職エージェント会社ごとに、得意としている業種など、さまざまな特色が ありますので、ご自身にあった転職エージェントを比較して登録してください。(パソナキャリア 正社員転職サポート 転職のアイ・アム 無料の転職支援サービス  typeの人材紹介 転職情報サイトなど)での、履歴書の書き方ページを参考に、勝てる履歴書や職務経歴書を書き、転職活動をプロに手伝ってもらうことが、働きたい会社への第1歩となります。

 

履歴書の書き方がわかったら、プラス5の法則でススメ!

履歴書・職務経歴書の重要性がわかったら、次の「プラス5の法則」で転職活動をススメましょう!

 

STEP1
5社のエージェントを選ぼう !
総合系エージェント4社と専門系エージェント1社を目安に

STEP2
10社以上の企業に応募しよう!
面接はゆとりをもって計画的に

STEP3
15日間(半月)で、履歴書や職務経歴書を見直そう
時には見直しも必要

f:id:mitsuya0430:20160215141609j:plain

履歴書をダウンロードしよう!

履歴書は手書き派ですか?パソコン派ですか?

昔は、履歴書用紙を文房具屋さんで購入することが多かったと思いますが、
現代では、履歴書をダウンロードしプリントアウトして、手書きで書くか、
Word(ワード)などのフォーマットの履歴書をダウンロードして
パソコンで直接入力する方も多いでしょう。

 

手書き文字だからといって、何でもいいわけではありません。
たとえ字が下手でも、丁寧に書いた文字は相手に伝わります。

誤字脱字はパソコンの変換ミスの場合にもありますので、気をつけましょう。

 

ただ、手書き文字を読みなれていない現代人としては、
パソコン文字の履歴書ほうが、すっと頭に入ってくるかもしれません。

 

ようは、書かれている内容次第です。

 

まずは、どんな体裁の履歴書がいいのか、
いろいろな転職エージェントサイトの履歴書を見比べて、
あなたにあった履歴書をダウンロードしましょう

<企業が履歴書を見るポイント>

1. 基本情報の確認
2. 本人の適性や基本的なビジネスマナーの確認

<履歴書を書く時のポイントと注意事項>

★実績をもとにアピール
過去から現在までの職歴を整理し、自分の価値を再確認します。
そして実績をもとに、自分をアピールしてください。
自分の職歴を誇張したりするのは絶対にやめましょう。

★全部記入したら必ず見直しを
一度履歴書を作成したら、必ず見直しましょう。
誤字が目立つとビジネスマナーが欠如している印象を与える場合があります。
可能であれば、別の人にチェックしてもらうと正確に見直しができます。