読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退職、失業保険、再就職は肩の力を抜いて切り抜けよう

退職、失業保険受給、再就職。人生の一大イベントですが、そんなときこそ肩の力を抜いてリラックスして切り抜けたい。

履歴書に書く志望動機

1.履歴書サンプル

履歴書のサンプルはこれだ!

履歴書をダウンロードしたら履歴書サンプルを参考に、
履歴書の基本項目を書きはじめましょう。

f:id:mitsuya0430:20160303175519j:plain

◆履歴書のサンプル(日付)

・日付は、提出する直前の日付を書きましょう。
(面接で持参する際は、面接当日の日付にしましょう)

◆履歴書のサンプル(現住所・連絡先・電話)

都道府県から書くのはもちろん、集合住宅の建物名・部屋番号まですべて書きましょう。
・自宅の電話番号が無い場合は、携帯電話だけでも書きましょう。
・「フリガナ」は、漢字の部分だけに書くようにしましょう。

◆履歴書のサンプル(写真)

・撮影は、面接を受ける時と同じような服装にしましょう。
・証明写真は、3ヶ月以内に撮影した写真を使いましょう。
・剥がれてしまった場合に備え、写真の裏には必ず名前等を書きましょう。

◆履歴書のサンプル(学歴・職歴)

・学校名は省略せずに記入し、小中学校を書く場合は卒業年度のみ記入しましょう。
・大学は学部や学科だけでなく、専攻も記入しましょう。
・長期間働いたアルバイトやパート歴なども記入するとよいでしょう。

◆履歴書のサンプル(免許・資格)

・運転免許証から教員免許まで、取得した資格はすべて取得年月順に書きましょう。
・現在取得勉強中の免許や資格があれば、その過程も書きましょう。

◆履歴書のサンプル(自己PR / 志望の動機)

・サンプルを真似するのではなく、
自分の過去の経験を含めて志望動機や自己PRなどを書きましょう。
(応募した会社の求めるものにあわせて、
どのように貢献できるのか職歴をアピールしましょう。)

 

2.履歴書の志望動機

履歴書の志望動機を書こう!

履歴書を書いている時に一番最初に悩むのが、
「志望動機」の欄ではないでしょうか。

「志望動機」とは、

し‐ぼう【志望】
自分はこうなりたい、こうしたいと望むこと。また、その内容。

どう‐き【動機】
人が意志を決めたり、行動を起こしたりする直接の原因。

「自分はこうなりたい!」と思い、
その会社に「転職しよう!」と決めたわけです。

そこにプラスして、転職の履歴書の志望動機では、
次の会社で「自分は何がしたいのか?」「自分は何ができるのか?」
が必要になります。

あなたの転職したい理由が、人間関係の不満だったかもしれません。
ただ、それがどんな原因であったかは別として、
あなたは転職したいと願い、次の会社で精一杯実力を発揮したいと
考えているのでしょう。

一方的に志望動機に「これをやらせてください!」だけでは、
新卒の履歴書と同じになってしまいます。
今まであなたが、どんな実績を残してきたのか、
その経験を次の会社でどのように活かしたいのかを、まとめて書きましょう。

 

f:id:mitsuya0430:20160221192316j:plain


履歴書の志望動機の実例とポイント

例(1)
「御社で学ばせていただきたいと思います」

謙虚な気持ちでつい言葉にしてしまうのかもしれませんが、
会社は学校ではありませんので、「勉強させてもらいます」の言葉は
使わないようにしましょう。

例(2)
「御社で一生懸命がんばります」

一生懸命がんばるのは、言うまでもありませんので、
「何」を「どう」頑張るのかを具体的に言葉にしましょう。

例(3)
「現在の会社では上司に意見を取り入れてもらえず?」

どんな内容であれ、前の会社の不満、
特に人間関係の不満はネガティブに受け取られてしまいます。
「この人はうちの会社に入っても人間関係で辞めるのではないか」
と思われないように、前の会社の不満は言葉にしないようにしましょう。

例(4)
「御社の業務内容に興味をもちました」

業務内容に興味をもたないで入社希望をする人はいません。
「何」に「どのように」興味をもち、これまでの経験をどのように
活かせるのかを言葉にしましょう。

例(5)
「前の会社では残業が多かったため?」

このような理由は志望動機ではなく「辞めた」理由になります。
また、残業が多いから転職したいなどの理由は、
担当者によっては「ネガティブな理由」に受けとりますので、
使わないほうがいいかもしれません。