読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退職、失業保険、再就職は肩の力を抜いて切り抜けよう

退職、失業保険受給、再就職。人生の一大イベントですが、そんなときこそ肩の力を抜いてリラックスして切り抜けたい。

英文の履歴書

英文の履歴書を書こう!

外資系企業に転職をする場合は、
英文履歴書の提出が必須とされている場合があるでしょう。

ここでは、英語の履歴書を書く上での、
いくつかのポイントをお伝えいたします。

f:id:mitsuya0430:20160309225556j:plain

●英文の履歴書は何が違うのですか?

日本語の履歴書にはフォーマットや定形がありますが、
英文の履歴書は特に定形がなく、フリーフォーマットの場合が多いです。
外資系企業の面接では、自分をいかに良く見せることができるか、
プレゼンテーション能力も見られていますので、英文の履歴書にも工夫をしましょう。

●英文の履歴書の業務内容などはどのように書くのですか?

職歴の箇所に、社名・部署・業務内容を書くのは日本語の履歴書と同じですが、
それに一歩踏み込んで、英文の履歴書には業務内容の具体的な説明が必要となります。
外資系企業は、スキルに重点をおきますので、
これまで携わってきた内容を細かく書きながらも、
相手が読みやすいようにまとめましょう。

●英文の履歴書はどのように選考されるのですか?

一部の外資系企業では、人間の目で履歴書に目を通さないで、
コンピュータなどで書類選考する場合があります。
会社が求めているスキルが英文の履歴書に書かれていなければ、
書類選考にも通りませんので、的確なわかりやすい履歴書をかきましょう。
英文の履歴書 書き方のポイント

●英文の履歴書を日本語で書いてみましょう。

あたりまえのことですが、まずは日本語で英文の履歴書を書いてみましょう。
サンプルや文例などを参考に、自身で日本語で添削を何度か繰り返してから、
英文に翻訳しましょう。
翻訳に自信がない場合は、翻訳サービスやコンサルタントに添削を頼むこともできます。
ただし、翻訳サービスを利用したとしても、使っている単語の関連のことは、
面接で聞かれる場合がありますので、頭に入れておきましょう。

●英文の履歴書は「完成!」の前に、最後の見直しをしましょう!

特にはじめて英文の履歴書を書く場合は、必ず第三者の目でチェックをしてもらいましょう。
できれば、外資系企業に勤めている人にお願いするのがよいのですが、
基本的な部分であれば、英語教室の先生や留学経験のある友人にお願いして
チェックしてもらいましょう。

●英文の履歴書に終わりはありません!常にブラッシュアップが必要です。

外資系企業で書類選考に何度も落ちてしまう場合は、
英文の履歴書の書き方が不十分な場合が多くあります。
「完成したから」と思わずに、ネット上の英文の履歴書のサンプルや文例を探しながら、
何度もブラッシュアップすることが大切です。

広告を非表示にする