読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退職、失業保険、再就職は肩の力を抜いて切り抜けよう

退職、失業保険受給、再就職。人生の一大イベントですが、そんなときこそ肩の力を抜いてリラックスして切り抜けたい。

ハローワークの基礎知識

失業してハローワークで転職する企業を探したり、失業保険やハローワーク職業訓練等の申請をする前にハローワークの基礎知識を身に付けましょう。

失業して自分にあった転職先を探したい方にも役に立つ、転職先の探し方等も掲載して行きたいと思います。もちろん現在失業中でなく、退職する前の基礎知識としてお役立て下さい。

f:id:mitsuya0430:20160309225556j:plain


ハローワークどこへ行けばいい

ハローワークへいざ行こうと思っても、あなたのまわりにはハローワークがたくさんありすぎてどこへ行けば良いのか迷いますね。

ハローワークへ新しい就職(転職)先を探しに行くだけならばどこのハローワークへ行っても問題はありません。

もしあなたが退職をして失業保険の受給申請をする為にハローワークへ行くのならば、あなたの居住地域を管轄しているハローワークへ失業保険の受給申請しなければいけません。

あくまで会社の所在地域ではなく、住まいの居住地域ですのでお間違いないように。


ハローワークでは何が出来る

ハローワークでは実際何が出来るんでしょうか。

ハローワークでは就職(転職)先を備え付けのパソコンで検索することが出来、しかも自分の希望する就職(転職)先が見つかった場合は専門の相談員に相談したり、求人企業に対して応募する事も可能です。

他にも失業した方が少しでも早く就職(転職)する為のコーナーやサービス又は各ハローワークが独自で企画運営をするセミナー等もあります。

ハローワークのサービス等は後ほどご紹介していきたいと思います。


ハローワークへ失業中でなくとも行けるか

ハローワークに付いてみなさんがわりと勘違いをして思いこんでいるのが、ハローワークへは失業していないと行ってはいけない。

現在会社員として仕事をもっているからハローワークでは新しい就職(転職)先を探してはいけないと思っている方が多いんですね。

実際はそんな事はないんですね。

管理人自信も会社員時代にハローワークで就職(転職)先を探したこともあります(実際に転職はしませんでしたが)

他にも生活の為にとりあえず仕事やバイトをしながら、平日の夜や土曜日にパソコンの求人検索をする為にハローワークへ通っている方もたくさんいらっしゃいます。

パソコンの求人検索だけならば、失業保険受給者証や身分証明書等も必要はありませんのでご安心下さいね。