読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退職、失業保険、再就職は肩の力を抜いて切り抜けよう

退職、失業保険受給、再就職。人生の一大イベントですが、そんなときこそ肩の力を抜いてリラックスして切り抜けたい。

学生と失業保険、職業訓練、求職活動

1.学生に失業保険は給付されるの?

勤めていた会社を退職して、学生になり、勉強を始める方は少なくないと思います。
通常、会社を退職した場合には、雇用保険に加入していた方は失業保険を受け取ることができます。
学生になった方の場合はどうなるのか、調べてみました。

失業保険の給付条件には、失業の状態であること、就業の意志と能力があることが前提とされます。
そのため、以下のような場合には失業保険の給付を受けることができません。

 

f:id:mitsuya0430:20160325094210j:plain


病気、ケガ、妊娠、出産、育児のためすぐ就業できない時。
結婚や退職で、家事に従事しようとする時。
何らかの仕事に就いた時。
商業や農業など、自営業の手伝いをする場合。
学業に専念しようとした時。

 

学業に専念するため、何らかの学校に入学し、昼間の学生になった方の場合には就業の意志はないとみなされ、失業保険の給付対象とはならないようです。

 

夜間学生には給付されるの?

 

昼間の学生になった方は、失業保険の給付を受けられないようですが、一方で、夜間の学生や、通信予備校の学生になった方の場合は、求職申請すれば失業保険の給付を受けられる可能性はあるようです。

 

ただし、これについては条件などもあるそうですので、詳しくは管轄のハローワークで相談してみることをおすすめします。

 

また、通常の学生アルバイトの方は、雇用保険に加入する義務がありませんので、バイトを辞めても失業保険は受給されませんが、夜間の学校の学生で、昼間は働いていて雇用保険にも加入している、というケースでは問題なく失業保険を受け取ることができます。

 

また、失業保険を給付されている期間内にハローワークを通じ、職業訓練学校に入学した場合には、職業訓練が終了するまで手当をもらうことができます。
介護福祉関係や医療事務、パソコン実務など、最近では様々な種類の勉強ができるようになっています。


自分の勉強したいことが職業訓練学校にある方は、ハローワークで相談してみてください。

 

2.失業保険受給者の職業訓練

失業保険を受給している、求職中の方は、再就職に必要な技術や知識を身につけるため、職業訓練を受けることができます。

 

関連のある職業訓練としては、教育訓練給付制度があり、これは厚生労働省指定の民間講座を職業訓練のため受講した方へ失業保険より受講料を助成するという制度です。

この制度により職業訓練を受けたいと考えている方は、一定の条件がありますので、詳しくはハローワークで問い合わせてみてください。

 

また、失業保険を受給しながら、再就職に役立つスキルを身につけるため、公共職業訓練を受講できる制度もあります。
無料で職業訓練を受けることができ、公共職業訓練施設への交通費、受講手当などの支給もあります。


こちらも詳しくはハローワークで問い合わせることになります。

 

f:id:mitsuya0430:20160219213921j:plain

 

公共の職業訓練は、失業保険の給付制限を免除されるため、自己都合退職したかたでも3ヶ月間の給付制限期間を待たずに失業保険の給付を受けることができます。

 

また、職業訓練が失業保険の給付期間を超えて行われる場合には、職業訓練終了まで失業保険の給付を延長することも可能です。

 

一般の失業保険給付手続きとしては、認定日にハローワークで職員と面談の上、就職活動の状況などを報告する義務が生じます。


けれど職業訓練を受講すると月末が認定日となり、訓練学校側が失業保険給付のための手続きを代行してくれるため、ハローワークへ行かなくても失業保険を受給することができます。

 

職業訓練には、事務系、パソコン関連、調理師、建築、福祉など様々なものがあります。


中には、農業や観光サービスなど少し変わった訓練が受けられる学校もあります。
訓練期間を終了すると、資格がとれるものなどもあり、スキルアップには最適です。

自分のスキルをアップしてから再就職を目指したいという方は、一度、職業訓練について調べてみてはどうでしょうか。

 

3.失業保険受給中の求職活動

失業保険は、再就職を目指し、就業の意志と能力がある方への生活支援として支払われるものです。

 

ハローワークでは、就業の意志があるかどうかという判断を、求職活動を積極的に行っているかということで概ね判断するようです。

 

f:id:mitsuya0430:20160219213852j:plain

 

では、どういった行動が求職活動としてみなされるのでしょうか。


失業保険の説明会で配布される、雇用保険受給資格者のしおりに記載されている、失業認定における求職活動の実績となるものについて調べてみました。

 

まず、求人への応募です。


就業の意思がある企業に履歴書を送付したり、面接を受けに行くこと。ごく一般的な求職活動と言えます。

 

失業保険受給中に、ハローワークで開催される講習を受けること。


主に、求職活動に役立つ内容となってます。
履歴書の書き方について、面接の心構えなど、再就職に有利となる講習も多いと思いますので、調べてみてはどうでしょうか。

 

失業保険受給中に、ハローワークにて職業相談を受けること。

管轄のハローワークで、求人情報を検索したり、気になる企業があれば、ハローワークの担当者に会社について詳しく聞いてみる、など。
これは、応募せず、相談するだけでも失業保険の受給中の求職活動とみなされるようです。

また、民間職業紹介業者の説明会に参加することも、失業保険受給中の求職活動になります。

転職支援企業では、説明会や個別相談会が頻繁に開かれているので、参加してみることもいいと思います。

 

色々な資格試験や、国家試験を受験することも求職活動の一部として認められているようです。

これは、合格しなくても失業保険受給中の実績として認められます。

スキルアップした上で、再就職を目指すのもいいかもしれませんね。

ただ、ハローワークによっては、資格の判断基準がバラバラで、担当した職員によっても失業保険受給中の就職活動として認められるかどうか、判断が変わることもあるようです。

 

国家資格だと、認知度は高いため問題ありませんが、その他の資格については、受験費用や主催している団体、受験費用など、一通りのことは答えられるようにしておくといいと思います。