読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退職、失業保険、再就職は肩の力を抜いて切り抜けよう

退職、失業保険受給、再就職。人生の一大イベントですが、そんなときこそ肩の力を抜いてリラックスして切り抜けたい。

キャリア交流プラザ・ヤングハローワーク・スピード紹介・トライアル雇用

1.キャリア交流プラザとは

 

キャリア交流プラザとは?

 

全国15都市のハローワーク関連施設で、中高年専用のこちらも3ヶ月という期間限定の再就職支援プログラムです。

 

f:id:mitsuya0430:20160221192301j:plain

 

キャリア交流プラザには受講できる3つの再就職支援プログラムコースがあります。

 

・ホワイトカラーコース……ホワイトカラー職種への再就職を希望している45歳以上60歳未満の人が対象。定員数50名

 

・A壮年技術者コース……技術職種への再就職を希望している30歳以上45歳未満の人が対象。定員数30名

・B中高年齢者コース……離職から1年以上経過している45歳以上60歳未満の人が対象。定員数50名

 

応募資格はハローワークにて求職登録をして上記の条件に該当する方が対象です。各コースともに毎月募集しています。応募多数の場合抽選あり。

 

まず7日間の集中就職活動支援セミナーを行います。

 

目的は、職業能力のレベルアップ、就職活動を行う為の知識・テクニックを身につける。

 

週1回、合計5回の情報ガイダンスセミナー。

 

就職活動支援セミナーで学んだことをふまえて、さらにレベルアップをはかる。

 

10回の経験交流会。会員同士で、企業情報や応募に関する意見などを交換する。

 

会員同士の交流や求人情報の交換等がメインとなりますが、指導担当のカウンセラーによる書類作成等の個別相談も可能です。

 

詳しくは、あなたの管轄のハローワークへお問い合わせしてください。

 

2.ヤングハローワークとは

 

ヤングハローワークとは?いったいどんなものでしょうか

 

利用資格が「原則として29歳以下」の方の為の若者の為のハローワーク施設。

それがヤングハローワークです。

 

f:id:mitsuya0430:20160219213907j:plain

 

ヤングハローワークの相談メニューとは一体どんなものがあるでしょうか。下記にまとめてみました。

 

じっくりコース

 

履歴書、職務経歴書の書き方や面接の受け方などを一般のハローワークより時間をかけて相談にのってくれます。

 

アシストコース

 

ヤングハローワークから求人先の会社へ電話にて、面接日時決定及び仕事の条件等の交渉を行う。

 

クイックコース

紹介状のみが渡される。面接の予約は自分で行う。

 

その他にもキャリアの少ない若者へ対しての再就職支援サービスとして日々進化しているので是非利用してみてください。

 

若い方でヤングハローワークの利用資格の年齢の方は是非ご利用してみてください。

特定の方が対象のサービスが利用できるのならば、そのサービスをうまく利用するのも早く転職する為の得策ですよ。

 

詳しくは、あなたの管轄のハローワークへお問い合わせしてください。

 

3.スピード紹介とは

スピード紹介とは?ハローワークのどんなサービスなのでしょうか?

 

スピード紹介は、会社に勤務している方や時間のなかなか取れない方にとってとても便利なサービスとなります。

 

詳しくは下記をご覧になって下さい。

 

ハローワークにて再就職活動を行う場合のメリットのひとつとしてハローワークからの企業に対する紹介状があります。

 

f:id:mitsuya0430:20160309225556j:plain

 

求人している企業側からすると、普段から助成金などでハローワークに対してお世話になっていると感じている企業も多く、紹介状がある方が有利になるばあいもあります。

 

もちろん求職側としてもハローワークの窓口を通した方が、アドバイスをもらったり企業に対しての交渉もしてもらえる為断然おとくです。

 

しかし、窓口を通した方が有利に求職できるとしても、あまりにも窓口が混雑していて待ちきれない場合もでてきます。

 

そんな時に「スピード紹介」窓口にて職業相談なしで紹介状のみ発行してもらいましょう。

 

4.トライアル雇用とは

 

トライアル雇用とはいったいどんなサービスでしょうか?

 

トライアル雇用とは以下の条件を満たす就職希望者に対して行っています。

 

トライアル雇用対象者

・45歳以上の中高年齢者

A35歳未満の若年者

B母子家庭の母等

C障害者

D日雇労働者・ホームレス

 

特徴としては3ヶ月間の間実際に企業にて働いて頂き、トライアル雇用対象者と企業側がお互いの希望条件に対する適性等を見極めてから、本採用するかどうかを決定するシステムです。

 

簡単に言うと企業と求職者のお見合いみたいなものですね。

 

普通に転職しても3ヶ月の仕様期間がある企業は多いですから。その仕組みをハローワークが仲介しているという感じです。

 

働く方も雇う側の企業も3ヶ月もあれば、仕事の内容や人間関係等の会社事情も見えてきますからね。お互いに「こんなはずではなかった」なんて後の祭りにならないで済みますからね。

 

対象年齢の方はトライアル雇用をうまく活用して「こんなはずではなかった」にならない有意義な転職をして下さい。

 

現状では35歳未満の若年者を対象にしているハローワークが多いみたいです。

 

詳しくは、あなたの地域を管轄しているハローワークへお問い合わせ下さい。