読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退職、失業保険、再就職は肩の力を抜いて切り抜けよう

退職、失業保険受給、再就職。人生の一大イベントですが、そんなときこそ肩の力を抜いてリラックスして切り抜けたい。

ついに内定をもらったが・・・

1.ついに内定をもらったが・・・

忘れもしません。ある日の21時頃、先日面接を受けた会社より、

 

「あなたを採用することに致しました!」

 

との旨の電話がかかってきた時は、飛び跳ねる程うれしかったことを覚えています。

 

f:id:mitsuya0430:20160713222950j:plain

 

この瞬間は確かに喜んでいました。

 

面接時のやりとりから手応えを感じ、内定をもらえるのではないかとは思っていました。

 

勝因としては、前職の経験が生かせるということのみならず、いろいろと転職活動を続けているうちに、苦手であった面接も次第に慣れてきて、うまくいったということも挙げられると思います。

 

今まで不採用ばかりで無駄足だったと思っていた数々の転職活動も、振り返ってみれば、決して無駄ではなかったといえるかもしれません。

 

しかし、しかし、しかし、時間が経つにつれ、果たして本当にこの会社でいいのかと悩みに悩みました。

 

前職を辞めた際、もうこんりんざい同じ業界での仕事はしたくないと心に決めていたのです。

 

今まで何度か申し上げてきましたが、前の仕事はかなりハードで、しかも残業手当は途中から出してもらえず、毎月の給料は交通費を除いた実質の手取り金額は15万円ほどだったんです。

 

その上(最も大切なことですが、)とても自分に合っている仕事とは思えなかったので、転職するなら全く異なる業界をと思っていました。

 

にもかかわらず、今回同じ業界の会社の面接を受けて内定をもらったのです。

 

ただひとつ救いとしては、この会社には、前の会社のような悲惨な雰囲気が全く感じられないということです。

 

もう、これ以上転職活動をしたところで、他に特別な才能や能力があるわけでもない私が、他に内定をもらえるような会社と巡り会うことができるとは思えません。

 

この会社で妥協しなければ、路頭に迷うことになるのが目にみえていたのです。

 

やはりこの会社にせざるを得ないのだろうか・・・と、相当時間悩みに悩みました。

結論が出ないまま時が過ぎてゆくばかり・・・。

 

2.給料で決めました

やはり内定をもらった会社で働くことに決ました。


最終的な決め手となったのは給料です。

 

多分、私の年齢を考えてみると、(少なくとも入社時点においては)決して高い給料とは言えないのですが、前の会社があまりにも悲惨な給料だっただけに、それでも飛び跳ねる程に嬉しくなるような金額だったのです。

 

f:id:mitsuya0430:20160408113441j:plain

 

たいして能力のない人間が転職すると、特に今の時期では、給料が下がるのが普通なのでしょうが、私の場合、なんと大幅アップしてしまったのです。

 

しかも残業や休日出勤代もキチンと出る!!

 

この機会に、新しい会社(入社時点)と前の会社との待遇を比較してみました。

 

前の会社は、給料22万円。新しい会社は25万円。


前の会社は、残業代なし。新しい会社はあり。

 

前野会社はボーナスが年間10万円×2回。新しい会社は30万円×年2回。

 

新しい会社の待遇について特別良いという訳ではなく、むしろ前の会社の悪さばかりが目につく結果となりました。

 

私が転職したくなるのも納得してもらえたのではないかと思います。

 

なお、交通費については、前の会社では3万円以上ももらっていたため、それを考慮するとさらにさらに給料の差は開きます。

 

この記事を書いて思い出したのですが、前の会社でエアコンが無かったことについては本当に参ったものでした。

 

夏の暑い最中、汗だくになって夜遅くまで仕事をしていた時は、2リットルのペットボトルを2本も空けてしまったことだってあったんですよ。

 

また、真冬の時には、あまりにも寒すぎてコートを着て仕事をしたことだってあったものです。過酷でしょう。・・・。