読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退職、失業保険、再就職は肩の力を抜いて切り抜けよう

退職、失業保険受給、再就職。人生の一大イベントですが、そんなときこそ肩の力を抜いてリラックスして切り抜けたい。

400時間を超える残業

入社した翌年早々からは、本当に忙しい日々が続きました。

 

最も忙しい月で80時間を超える残業をしました。

 

f:id:mitsuya0430:20160226010633j:plain

 

でも、中には「そんな程度か」と思わる方もいらっしゃることでしょう。

 

その通りかも知れません。まだマシな方でしょうね。

 

ただ、私の仕事は原則立ち仕事なんで、肉体的には相当にきつかったことは確かです。

 

しかも、朝は自主的に1時間早く来て仕事をしていたので、それを考慮するとなおさらのことです。

 

振り返ってみると、私が社会人となってから最もたくさんの残業をしたのは、社会人1年目の105時間。

 

その当時の仕事というのは、何を隠そう、実はコンピュータ関係の仕事だったんです。

 

忙しい日々が何ヶ月も続いて、それはもう大変だったことを覚えています。

 

社会人となっていきなりのことでしたので、戸惑いを感じたものでした。

 

けど、その仕事を続けているうちに、まだこんな程度では可愛いモノだということがだんだんと分かってきました。

 

ある先輩社員がトイレの洗面所で頭を洗っているので(顔じゃありません、頭ですよ!)、不思議に思っていたら、家に帰る余裕がないから仕方なくここで頭を洗っているってことでした。

 

要するに泊まりがけで仕事をしていたんです。

 

さらに、続け様に先輩の口から出てきた言葉に対して唖然としました。

 

「今月の残業はついに400時間の大台に達したんだ!」と言うのです。

 

400時間といえば1ヶ月の半分以上。

 

本当だったのかどうかは分かりませんが、確かにそれくらいやっていてもおかしくないような顔つきでした。

 

f:id:mitsuya0430:20160720210235j:plain

 

さらに周りをよーく見渡すと、その他大勢の先輩方もすごーい顔つきで仕事をしていたので、もうビックリしてしまったことを覚えています。

 

このときは仕事ってなんだろうと考えさせられたものでしたね。