読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退職、失業保険、再就職は肩の力を抜いて切り抜けよう

退職、失業保険受給、再就職。人生の一大イベントですが、そんなときこそ肩の力を抜いてリラックスして切り抜けたい。

失業保険をもらう条件と手続き書類、振り込み口座の注意点。

1.失業保険をもらうには

 

失業して、失業保険をもらう(受給する)為にはハローワークにおいて手続きが必要になります。ここでは手続きに関する注意点をお伝えします。

 

失業保険をもらうのは、実はあなたが考えているほど難しくはないんです。

 

f:id:mitsuya0430:20160218090511j:plain

 

ハローワークが定めている必要条件をみたしており、更に必要な書類等をそろえて指定された日にハローワークへ申請に行けばいいんです。

 

簡単に説明していますが、初めてハローワークへ行く方や初めて失業保険をもらう(受給申請)をされる方はちゃんと失業保険をもらえるか?いろんな事を聞かれるんじゃないか?等、いろいろと不安が多いと思います。

 

そんなあなたがちゃんと失業保険をもらう為にこのカテゴリーでは細かく説明しています。

 

2.失業保険給付に必要な書類

 

失業保険給付には必要な書類があります。

 

退職後、ハローワークにて失業保険給付金をもらう為には「受給資格の決定」を行うひつようがあります。失業したら早めに失業保険給付に必要な書類をそろえて、新たな転職の準備をしましょう。

 

失業給付金の受給申請に必要な書類は下記になります。

 

f:id:mitsuya0430:20160408113401j:plain

 

注、最近必要書類が変更となりました。変更後に対応しています。

1.雇用保険被保険者離職票(1、2)

2.雇用保険被保険者証

3.印鑑

4.本人確認、住所及び年齢の確認できる写真付きの官公署発行した書類 (運転免許証、住民基本台帳カード(写真つき)等)これが無い場合は、

@旅券(パスポート)

A住民票

B国民健康保険被保険者証(健康保険被保険者証)

のうちいずれか2種類(@、A又はBから各1種類で合計2種類)

5.写真2枚(3cm×2.5cm程度の正面上半身のもの)

以上が必要です。

 

3.失業保険給付とは

 

失業保険給付とは、失業保険被保険者が倒産、定年、解雇等の会社都合や自己都合等により離職した場合に、自分で働く意志と能力がありながらも就職できない場合、再就職までの一定期間の生活を安定させながら、安心して就職活動を行い、1日でも早く再就職する為に支給されるものです。

 

要約しますと、会社で失業保険に加入していた方が失業した時に次の再就職先が決まるまでの生活を安定させるための給付金です。

 

他で詳しく説明しますが、もらえる給付金額では今までの生活を維持する事は難しいのが現実です。

 

注、失業給付金は失業保険の加入年数及び給与金額そして年齢も関係してきます。

 

4.失業保険給付の条件とは

失業保険給付の条件とはどんなものでしょうか?

 

退職して失業保険を受給する為には失業保険給付の条件を満たしていないといけません。

 

失業保険給付の条件とはどんなものか?下記に詳しくまとめて説明していますので参考にしてみて下さい。

 

@雇用保険(失業保険)に加入していた。(週20時間以上勤務で加入可能)

 

A雇用保険(失業保険)の加入期間が退職前1年間に6ヶ月以上あること(注、週30時間未満20時間以上のアルバイト・パートは、退職前2年間に1年以上必要)

 

B 失業の状態である事(失業の状態とは、失業した方が、いつでも働ける意志と能力があり、積極的に就職活動もしているのに就職先がみつからない状態)をいいます。くわしくは失業の状態とはをご覧下さい。

 

最近はバイトだけでなく、正社員でも雇用保険(失業保険)に企業が加入していない場合もあるので良く確認しましょう。

 

働いている現在は収入に影響がなくても、あなたの勤めている又はこれから勤める企業が、雇用保険(失業保険)に加入しているのといないのとでは退職してからの金銭的な違いは大きいと思いますよ。

 

f:id:mitsuya0430:20160224135552j:plain

 

5.失業の状態とは

失業の状態とはどんなものでしょうか?

 

すぐ頭に思いつくのは会社を退職して仕事がない状態。簡単に言うと無職の状態で仕事を探していることだと普通は思いますが、はたしてハローワークが定義している失業の状態とはどんなものでしょうか

 

ハローワークが定義している失業の状態とは(失業した方が、いつでも働ける意志と能力があり、積極的に就職活動もしているのに就職先がみつからない状態)をいいます。

 

したがって、以下の状態にあるときは、失業給付を受けることができません。

・ 病気やけがのために、すぐには就職できないとき

・ 妊娠・出産・育児のため、すぐには就職できないとき

・ 定年などで退職して、しばらく休養しようと思っているとき

・ 結婚などにより家事に専念し、すぐに就職することができないとき

以上となります。ちゃんと確認しましょう。


6.失業保険給付金の口座振込注意点

失業保険給付金(失業保険)のもらい方は、あなたの口座へ振り込まれるということはご存知の方も多いと思います。

 

しかし、金融機関の口座ならどこでも良いわけではないということをご存知の方は少ないと思いますので、ここでは失業保険給付金の口座振込注意点に付いて説明していきたいと思います。参考にしてください。

 

失業保険の失業保険給付金は、あなたの希望する金融機関の「普通預(貯)金口座」へ振りこまれます。転職先でも使えるようにもう1つ作っても良いかもしれません。その前に下記のポイントを参考にして下さい。

 

新しく口座を作る前に注意して頂きたいポイントがあります。

 

失業保険給付金が下記の金融機関へは振りこまれません。ご注意を!

▼郵便局

外資系銀行

▼インターネットバンク

▼最近新設された金融機関の店舗など

 

振込先金融機関を失業保険給付金受給の途中で変更、解約しますと、失業保険給付金の振込ができなくなる事があります。

 

やむを得ず普通預(貯)金口座を変更する時は前もってハローワークの窓口へ届け出てください。