読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退職、失業保険、再就職は肩の力を抜いて切り抜けよう

退職、失業保険受給、再就職。人生の一大イベントですが、そんなときこそ肩の力を抜いてリラックスして切り抜けたい。

退職後の所得と、雇用保険のもらい方

1.退職後の所得

退職前に、考えなければならない重要なことがあります。

そう、、、それは、お金の問題(涙)

退職後の取得は、どうするのか? ということです

再就職先が決まってから、会社を退職するのがBESTですが
そうは、なかなか、言ってられない場合も数多くあると思います。

ここでは、退職後の取得や、お金の問題を考えてみたいと思います。

f:id:mitsuya0430:20160303175510j:plain


 ・ 退職前に、下準備をバッチリして置く編
 ・ 退職前に、資格をとって、取得減にそなえる編
 ・ 退職後で、取得がなくなる前に、やって起きたいこと編


■ 退職前に、下準備をバッチリして置く編
会社を退職すると、雇用保険と呼ばれるものの、お世話になることができます。

これは、会社の都合で退職になった場合と、自分の都合で退職になった場合とで
給付金の額が、大きく変わるのです(涙)

自分の都合で、退職すると、まず、3ヶ月お金をもらえません(笑)
(2016年4月現在)

裏ワザ(?)も、存在しますが、基本的に自分の都合で退職すると!
あまりいいことがありません。(取得は、なくなるは、さんざんですね)


ですが、、、


退職前に、自分の取得が減ることをきちんと考えて!
退職前の下準備をすることによって、 給付金を沢山もらえる場合があります。

詳しくここで述べると、ものすごい量になりますので、本を一冊買って
読むことをオススメします。

 


新版 誰も教えてくれなかったおいしい退職マニュアル

 

■ 退職前に、資格をとって、取得減にそなえる編
世の中、非常、不景気ですよねぇ?
すぐ、再就職できれば良いですが、出来ない場合も多いようです。

もう、あたり前かもしれませんが、退職前の取得減にそなえて!

>>> 資格を取得しましょう!

出来れば、在職中にコツコツ勉強して、資格を取ってしまうのが良いですね。

そうすれば、、、、、、

再就職先は、その資格のお陰で、決まったり! 給料UPしたりします(笑)

取得減に備えて、お勉強しちゃいましょう?
(在職中に取れれば、資格手当てももらえて、2重においしい!)

まずは、無料の資料請求をして
どんなおいしい資格があるか? 見てみましょう!

資料請求は! 無料! 退職前においしい資格をとっておこう >>>


■ 退職後で、取得がなくなる前に、やって起きたいこと編
番外編として、退職後の取得がなくなる前に、やって置きたいことを述べて置きます。

★ ローンの返済や借り入れ
当然ですが、サラリーマンとしての職を失うと、新しいローンを
組むのが大変になります。

一応、サラリーマンは、世間では安定した(?)職業とされているので
在職中は簡単に組めましたが、辞めると、そうはいきません(涙)

組む予定があるのなら、お早めに・・・


★ クレジットカードの作成
意外と穴場がこれです、クレジットカードの作成です。

退職前は、クレジットカードなんぞ簡単に作れたかもしれませんが!
退職後の取得がなくなった時は、そう簡単には、いきません(涙)

もし、クレジットカードを一枚の持っていないのであれば!
一枚くらいは、作っておいたほうが良いかもしれません。

 

f:id:mitsuya0430:20160330215432j:plain

2.雇用保険のもらい方

■ おいしい(笑)? 雇用保険の正しいもらいかたとは!

退職後にお世話になる、重要なものに、雇用保険があります。

この雇用保険ですが、年々もらえる額が減っているとは言え、退職者には
貴重な取得源になります。

ですが、、、、、

会社を退職したからと言って、すぐ! 貰えるものではありません(涙)
ある一定の条件を満たさないと、雇用保険はもらえない仕組みになっています。

ここでは、その条件を、述べて行きたいと思います。


 ・ 雇用保険がもらえる、『失業の状態』とは?
 ・ 雇用保険をもらうための、最低限の条件!
 ・ 自己都合で辞めると、雇用保険の給付が・・・


雇用保険がもらえる、『失業の状態』とは?
雇用保険をもたうために、まず、『 失業の状態 』 というものを
理解しないとダメなんです。

どうことかというと、、、


◎ 働きたい! 積極的な意思がある!
まず、働きたいという、積極的な意思があるかどうか?
判断されます。 つまり、会社を退職したけど、適当にプラプラ(笑)
しているだけでは、ダメだと言う事です。

そして、それだけの、健康な体がることが条件になります。

もらえるものは、もらって置く(笑)という姿勢だと
雇用保険をもらえる、失業状態にはならないので、ご注意を・・・


雇用保険をもらうための、最低限の条件!
またまた、給付をもらうための、最低の条件があります。
それは、退職した後ではなく、退職する前にある条件です。


◎ 最低限6ヶ月働こう!
実は、雇用保険をもらうためには、会社で、最低6ヶ月働かないとだめなんです。

逆に言うと、やめるなら、最低! 6ヶ月は務めた方が良いと
言う事ですね(笑)
どんなに嫌でも、5ヶ月でやめたら、その後の雇用保険は貰えません。
嫌かもしれませんが、ちょっと、我慢してみてはいかがでしょうか?


■ 自己都合で辞めると、雇用保険の給付が・・・
自己都合で辞めると、雇用保険の給付が、首にされた場合と条件が違うのは?
ご存知でしょうか?
意外と、知られていないので、ここに、書いておきます。

自分の都合で会社を辞めても、雇用保険がスグ! 出ると思われがちですが
残念ながら、そうでは、ありません(涙)

自分の都合で辞めると、雇用保険の給付は、3ヶ月後になります★
(だから、辞めても、数ヶ月は暮らせる蓄えがないと、まずいですよ?)

ですから、きちんと! 計画性をもって、辞めることをオススメします。
(少なくとも、数十万円は、貯金を持っておきたいものです!)